2014年06月28日

水晶体脱臼について。(診断編)


雨がひどい時に動物病院に来るわんちゃんは
通院しているわんちゃんか、
重症なわんちゃんが多いです。
診察の数が減る分、診察が来るとドキッとしちゃいます;

飼い主様は「うちの犬の眼が真っ白になっちゃった!」
、といって来院されました。

初診時の所見
水晶体脱臼IMG_2566.jpg


意外に多い眼科の緊急疾患


たしかに白い!
白内障か??
こんなことにくじら先生は引っ掛かりませんよ^^

白い丸の左上によーく見ると黒い三日月が見えますよね?
そう、白内障になった水晶体(白い丸)が脱臼しているんです。
脱臼して瞳孔より前側に出てきてしまったので
白く見える範囲が大きくなったんですね。

ということで診断は「水晶体脱臼」!


水晶体脱臼はすごく痛い!


この病気は激しい痛みを伴う病気で、
基本的にすぐ摘出手術をするべき病気です
食欲がなくなってしまう子もいます
この子は翌日にすぐ手術をして脱臼した水晶体を摘出しました。

術後1週間後
水晶体脱臼術後IMG_2587.jpg

うん、きれいになりました。
術後は緑内障などの合併症にならないか
経過を見させていただいてますが、
今のところトラブルはなさそうです^^v

ちなみに水晶体を取った後は遠視になりますが
特に違和感もなく生活しています


【眼科診療 水晶体脱臼の最新記事】
posted by くじら at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 眼科診療 水晶体脱臼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/400508674
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック